ペラサイトの作り方は?WordPress不要!5分で構築

AWSのS3を使って一瞬かつ、超安くペラサイトを構築する方法をご紹介します。

この記事では、慣れれば5分でペラサイトを構築できるようになります。

目次

ペラサイトとは?

ペラサイトはその名も通りペラペラのサイトです。笑

内容が薄いペラペラではなく、構成が薄いサイトです。

概ね1〜3ページ程度で構成されているページの事を言います。

よくネット上で目にする商品を紹介するようなランディングページを想像してもらうとわかりやすいですね!

 

ペラサイトはアフィリエイトを始めた方には下記の4つの理由でお勧めです。

①サイト作成に時間がかからない
②1ページで完結でき、収益が発生する
③収益が上がらない場合、サテライトサイトとして利用できる。
④サイトがペナルティを受けたときのリスクヘッジになる。

①サイト作成に時間がかからない

ペラサイトは冒頭述べた通り、1ページで完結するようなものです。

そのため、作成するのに時間がかからず、短時間で量産することができます。

 

②1ページで完結でき、収益が発生する

商品紹介など、その商品に特化したページを作成する為、購入者から支持されれば即購入につながります。

 

③サテライトサイトとして利用できる。

ページ作成になれ、本サイトを立ち上げたあと、本サイトでのターゲットと異なるユーザーを獲得したい場合、サテライトサイトとして活用ができる。

 

④サイトがペナルティを受けたときのリスクヘッジになる。

1サイトのみの運営をしていた場合、もしそのサイトがペナルティを受け急激に順位低下をした場合、収益に大きな影響が出てしまいます。

その点、ペラサイトを複数持っていれば収益に大きなダメージはありません。

[temp id=2]

 

S3とは?

初心者でもわかるようざっくり説明します。

S3は「Simple Storage Service 」の略です。

 

S3の特徴を一言で表すと…

非常に安くて高い耐久性を持つ容量無制限のストレージ

です。

どのくらい安いかというと…

ざっくり多めにみて1万PVで…月100円程度。

※ファイルの重さやアクセス頻度によって違いますがこれくらいです。

 

どのくらいの耐久性かというと…

イレブンナイン(99.999999999% )の可用性があります。

要は絶対と言っていいほど落ちません。

 

このS3は静的ウェブサイトをホスティングできます。

今回はこのやり方を記載していきます。

[temp id=2]

 

ペラサイトの構築方法

では実際にペラサイトを構築していきましょう。

 

S3のバケットを作成する。

まずはAWSへログインし、上部の検索窓に「S3」と入力し下記を選択します。

その後、バケットを作成を選択します。

S3の選択

 

 

バケット名:一意であるバケット名を入力します。

AWSリージョン:特に理由がなければ「アジアパシフィック(東京)」を選択。

S3_バケット名

ドメインを指定して作る場合は、バケット名をドメインと同じにしてください。

 

下記のとおりアクセス設定を行い、誰でもペラサイトを閲覧ができる状態にします。

S3setting1

あとはデフォルトのまま「バケットを作成」をクリック。

すると一覧に先程作成したバケットが現れます。

bucket_list

 

 

静的ホスティングを行う。

次に作成したバケットをホスティングします。

この作業を行うことでバケットがインターネット上に公開されアクセスすることができます。

作成したバケットを選択し、「プロパティ」タブを選択します。

ページ最下部の「静的ウェブサイトホスティング」の「編集」をクリックします。

 

静的ウェブサイトホスティングを「有効にする」を選択し、

インデックスドキュメント:index.html

エラードキュメント:404.html

S3hosting

と記入します。

※ファイル名は任意のものでOKです。そのファイル名がデフォルトページになります。

 

再度、ページ最下部の「静的ウェブサイトホスティング」部分を見るとバケットウェブサイトエンドポイントが記載されています。

これが、アドレスになります。

[temp id=2]

アクセス許可設定を変更する。

続いて「アクセス許可」タブをクリック。

「アクセスコントロールリスト (ACL)」の編集をクリック。

全員 (パブリックアクセス)のリストにチェックを入れる。

ページ下部の「理解しています」をクリック。

アクセス権限

変更の保存をクリックし完了。

[temp id=2]

 

コンテンツを投入する

続いて一番重要なコンテンツを入れます。

作成したバケットを選択し、「オブジェクト」タブを選択します。

表示するコンテンツ(htmlファイル)をアップロードし、アップロードしたファイルを選択した状態で「アクション」タブの「公開する」をクリック。

公開

 

 

確認

最後に確認しましょう。

先程のバケットウェブサイトエンドポイントにアクセスしてみましょう!

無事表示されましたね!!

ページ

これで作業は完了です。

 

 

まとめ。

S3を使えば、超簡単にペラサイトを構築することができます。

そして、何しろ安い。

 

作成したバケットを独自ドメイン+httpsで公開する方法はこちら

 

あわせて読みたい
【独自ドメイン+https】ペラサイトを超格安で量産する方法 ペラサイトを作るのにサーバーなんかいりません。 AWSのサービスを使えば、ワンコインで余裕でお釣りが来てしまうペラサイトを作れます。そんなペラサイトの作成方法を...

 

 

今後、コンテンツを htmlコードを書かずに直感的に作成する方法も記載していきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる